すそわきがで悩む29歳独身女子なゆです。

 

もちろんすそわきがだけじゃなくワキガもあります。

 

私のワキガ、すそわきがの歴史と自己紹介をお話したいと思います。お付き合いくださいね。

 

我が家はワキガ家族

ワキガ家族

私の家族は両親と1歳4か月離れた弟の4人、
大学を出て普通に会社勤めをしているOLです。

 

我が家は父、母、弟、私の4人全員がワキガ体質。特に父と私はワキガ臭がきついです。

 

母は大雑把な性格なのか?おおらかと言いますか、加齢臭のせいなのか?とにかく自分にもワキガ臭があることをあまり自覚していないのです。

 

弟は思春期の頃から自分から発しているニオイにはとっても敏感で、現在も非常に気にしています。

 

ワキガと自覚したのは小学校6年生

私のワキガとの出会いは小学校6年の時です。

 

初めは全く自分の臭いに気がづかなかったのですが、体育で汗をかいたあと、なんだかいつもと違う臭い、ツンと鼻を突くニオイがしたんです。

 

どこかで嗅いだことのある臭い、そう父のそばに行くと嗅いだことのあるニオイが自分からもしたんです。

 

これは衝撃でした!!

 

このニオイは大嫌い、その大嫌いなニオイが自分からも出てるなんて、、、(´;ω;`)

 

母に相談してても「親子だからね」で終わり、まったく娘の気持ちを理解していません。

 

この日から私とワキガの戦いが始まったのです。

 

中学校・高校時代のワキガ

ワキガに悩む女子高生

思春期になると、臭いでいじめられることはありませんでしたが、自分の臭いが気になり運動部に入ることはできなかったですね。

 

また積極的に何かをすることもできない、いるのかいないのかわからないような存在感のない生徒だったと思います。

 

いつもニオイが気になって極力目立たないようにしていましたから。

 

まわりが好きな男の子の話をしていても、全く参加できませんでした。

 

わきが対策として、スプレー式の制汗剤を使っていたんです。
今のようにネットで何かを買うという発想がありません。
近くの薬局で買うのが精一杯でした。

 

臭いのコンプレックスはありましたが、手術とかは全く考えたことはありませんでした。手術ができることも知らなかったし、まして身体にメスを入れるのは怖くてできません。

 

大学時代のワキガ

大学は親元を離れて下宿生活、大いに大学生活を満喫。

 

ワキガ臭もなぜか大学時代は弱かったように思います。理由はわかりませんが。

 

高校までとは違い、制服がありませんから汗をかいたらすぐに拭けるような服を選んで着ていました。

 

またネットでワキガについて調べたりして、ワキガ対策にも励んでました。

友人はたくさんできましたが、ニオイコンプレックスは無くなっていませんから、男性には全く消極的、ニオイで振られるのが嫌だったんです。

 

大学時代に彼を作り、卒業後2〜3年で、結婚、30歳前に出産終了の将来像はもろくも崩れ去りました。

 

社会人になってのワキガ・すそわきがも始まった!

実家に戻り会社勤め、普通のOL生活をしています。
悲しいことにワキガだけじゃなくて、すそわきがも気になるようになってしまいました。

 

今のままでは大恋愛も夢のまた夢。
結婚してお母さん、お父さんになっている同級生もたくさんいるのに、、、

 

今はネットで何でも調べることができるし、またよい商品もたくさんあります。

 

ワキガやすそわきがケアをしっかりすることで、自分自身に自信が持てるようになりたい。
今はそう思っています。

 

臭いをストップ、ワキガ臭をフェロモンに変えモテ女を目指して頑張っています。

 

ワキガやすそわきがの悩みはホントに深いです。

ニオイコンプレックスがあることで、自分自身に自信がない人、臭いを何とかしたい人、男性と気兼ねなくお付き合いしたい人、私と一緒に頑張ってみませんか?

 

ワキガ、すそわきがを撃退するための情報を、私同様に悩んでいる方にお知らせしたいと思います。

このブログが少しでも皆さんのお役に立てればと思います!